サプリメント【ランキング】と口コミ

MENU

サプリメント口コミ売れ筋人気ランキング

サプリメントの口コミ、売れ筋、人気のランキング情報です。口コミや売り上げの多い順に表示しています。
通販でサプリの購入者の効果や感想や評価など口コミ情報がご覧いただけます。※表示に時間がかかる場合がございます。

保健機能食品

サプリメントや健康食品は錠剤タイプ、液体タイプ、粉末タイプ、カプセルタイプなど、種類や形も数え切れない種類のものが販売されています。
けれども、サプリや健康食品と書かれている商品の全てが、安全性や健康増進効果があるとは限りません。
厚生労働省の基準に則り、健康食品のうち一定の基準を満たした食品に限って保健機能食品の認定を受けられます。

 

保健機能食品は実験データに基づいて審査を受けており、安全性や有効性が一定基準を満たしている製品にのみ認可されます。
行政の定めた基準を満たしている製品にのみ、成分表示の許可が与えられています。
保健機能食品は、厚生労働省がどのような表示を許可しているかによって栄養機能食品と特定保健用食品の二種類があります。

 

「〜が気になる方に」と書き方を厚生労働省が許可している食品が特定保健用食品です。
栄養機能食品は栄養成分の補給のため定められたもので、栄養機能が表示できます。

 

それぞれの予防にサプリメント、健康食品といっても特徴があります。
使う時には、その商品にどんな利点があり、どんな成分が含まれているかじっくりチェックしてください。

ラベルの読み方

サプリメントのラベルの見方を知っておきましょう。
はじめに原材料表示に注意をし、原材料表示欄では何が使われているかを成分量の多い順に記載しています。
セルロース、ショ糖脂肪酸等がラベルの一番上のほうにある場合は、原材料ではありません。
サプリメントとしての形を整え、それぞれの成分を混ぜるための補助的な成分が大半を占めているようでは、
目的となる効果がどれだけあるかが怪しいかもしれません。

 

ビタミンAやB、Cが添加されている場合、表示にVA、VB、VCと書かれている場合があります。
ただしその場合、天然由来の成分ではなく合成成分のこととなります。ラベルから成分の天然か合成かを読み取るのは、より良いサプリを探すためです。

 

もともと、人間は自然界にある植物や動物から生きるために必要なものを得ています。
天然素材のものの方が、体に吸収しやすく優しい成分だという事が分ります。
天然素材を元に作っている場合は、
原材料の所に野菜やハーブやオイルなど、自然食品や酵母などの名前がラベルに書いてある事も覚えておきましょう。
ラベルに目を通すだけでもかなりの情報が入りますので、手に取った時はまず目を通してください。

副作用と弊害

サプリは薬剤ではないので多数の人が副作用などはないと思っています。
副作用とは通常は薬を服用時に治療目的以外に起きてしまう人体への別な影響のことを言います。
薬剤ではない健康食品なので、副作用は言葉の上ではないことになります。

 

ところがサプリメントの副作用がありえなくないのも事実なのです。
頭痛やおうど、腹下しなどの症状の報告もサプリメント大国である米国にはあるようです。
アメリカ国とは摂取量や法律も違うので単純な比較はできませんが死者が発生したという例もあるほど、深刻なものもあるといいます。

 

あるサプリを飲んだことで皮膚に副作用が出てしまったと言う報告が、日本でもあるといいます。
サプリメントの分類は健康補助食品という位置づけですが、副作用を軽く見ることは出来ないのも事実なのです。
何も考えずに無防備に服用することはしてはないません。

 

問題が発生しやすいのは、化学物質などによる過敏症やアレルギーもちの人々です。
本来の目的は足りない栄養を状況に応じて飲むものなので、軽い気持ちで摂取していれば良いというものではないのです。
特に、病院に通院し薬を服用されていたり、妊娠中や授乳中の人はサプリメントの扱いには慎重をかさね、副作用を避けてください。

更新履歴